良い業者の選び方

一口に「手彫り印鑑業者」と言っても、多数のところが存在するので、安心して作業を任せられる業者を探し出すのにも、それなりの手間暇が掛かります。そのような問題を解決するためには、然るべきポイントを押さえて業者探しをすることが大切です。

例えば、「作業工程書」を添付してくれる業者を選ぶのも一つの選択肢です。こちらの書類が添付されていれば、「手彫り」というキャッチフレーズの通り、本当に手作業で作られていることが確認できます。手彫りのはんこは、「字入れ」・「荒彫り」・「仕上げ」という3つの工程を経てつくられます。作業工程所には、それぞれの工程における作業の様子が目に見える形で記載されています。したがって、業者の謳い文句を鵜呑みにするのではなく、自分自身で作業の様子をチェックすることができるという訳です。

また、手下書きと彫る前の文字を事前に確認させてくれる業者もおすすめです。そのような業者であれば、仕上がり状態のイメージも湧きやすくなります。そして、技能士・印刻師などの資格を有する人物が作業にあたり、そのことが明示されている業者を選ぶことも大切です。それらのライセンスは、作業者に、手彫りに必要な技術があるのかどうかを知るための指標となります。

市販品との違いなど

大量生産される市販の印鑑は、リーズナブルな価格で販売され、気軽に購入することができます。その種の商品には、購入するために掛かるコストや時間、エネルギーの面でアドバンテージがあります。とは言うものの、機械で生産される印鑑には、当然ながら「手作りの温かみ」を感じることはできません。世の中には、費用などの負担が重くなってでも、手作りの印鑑を手にして、愛着を持って長く大切に使い続けたいという人も少なからず存在します。

そのような願いを叶えるためには、職人による手彫りで作られた印鑑を購入するという方法があります。手彫りの印鑑は、読んで字のごとく、手作業によって作り出されるため、入手するためにはそれなりのコストや時間、エネルギーが掛かります。とは言え、でき上がった印鑑は、この世に二つと同じものが存在しないものになります。そのように、オンリーワンの魅力がある手彫り印鑑は、プレゼント用の品としても喜ばれています。

巷には、手彫りの印鑑を取り扱う業者が数多く存在します。それぞれの業者によって、「手彫り」という言葉の定義や文字の仕上がり状態、作業を行なう人物にはさまざまな違いがあります。したがって、手彫り印鑑をオーダーするにあたっては、前もってそれらの情報を収集した上で、信頼の置ける業者を選びだすことが大切です。

手彫り印鑑の購入

世の中には、安価な市販の印鑑が数多く出回っています。そのように、大量生産される印鑑は、購入時におけるコストや時間、エネルギーの負担が軽くて済むというメリットがあります。とは言え、機械生産の印鑑には「手作業の温もり」が感じられないのは言うまでもありません。

それに対して、職人の手作業によって作り出された印鑑は、手作りの温かみが感じられる、この世に二つと同じもがない品となります。そのような印鑑であれば、愛着が湧き、長い間大事に使い続けようという気持ちも生まれて来るでしょう。手彫り印鑑は、そうした利点を活かして、贈答用に使用されるケースも多く見受けられます。

手彫り印鑑を扱う業者は、世の中に多数存在します。その種の商品を注文する際には、事前に各業者の「手彫り」という意味の解釈、仕上がりのコンディション、作業者を確認し、間違いのない判断をすることが大事になります。

参考|印鑑・実印、の通販 – 印鑑ダイレクト【公式サイト】

数ある手彫り印鑑業者の中から、信頼できるところを探し出すには、押さえておくべきポイントがあります。例えば、作業工程所が添付される、手下書きと彫る前の文字が事前に確認できる、手彫りの有資格者が作業にあたるなどの条件を満たす業者を選ぶことが大切です。

このサイトでは、手彫りの印鑑について解説します。皆さんの中で、手彫り印鑑を購入しようと考えている方には、実際のアクションを起こす前に、ここでご提供した情報をチェックしてみることをおすすめします。