市販品との違いなど

大量生産される市販の印鑑は、リーズナブルな価格で販売され、気軽に購入することができます。その種の商品には、購入するために掛かるコストや時間、エネルギーの面でアドバンテージがあります。とは言うものの、機械で生産される印鑑には、当然ながら「手作りの温かみ」を感じることはできません。世の中には、費用などの負担が重くなってでも、手作りの印鑑を手にして、愛着を持って長く大切に使い続けたいという人も少なからず存在します。

そのような願いを叶えるためには、職人による手彫りで作られた印鑑を購入するという方法があります。手彫りの印鑑は、読んで字のごとく、手作業によって作り出されるため、入手するためにはそれなりのコストや時間、エネルギーが掛かります。とは言え、でき上がった印鑑は、この世に二つと同じものが存在しないものになります。そのように、オンリーワンの魅力がある手彫り印鑑は、プレゼント用の品としても喜ばれています。

巷には、手彫りの印鑑を取り扱う業者が数多く存在します。それぞれの業者によって、「手彫り」という言葉の定義や文字の仕上がり状態、作業を行なう人物にはさまざまな違いがあります。したがって、手彫り印鑑をオーダーするにあたっては、前もってそれらの情報を収集した上で、信頼の置ける業者を選びだすことが大切です。